忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕と魔王はリビングの机に用意してあるハンバーグの前に黙って座った。
岬ねぇちゃんのハンバーグは付け合せの人参やポテトなども付けてくれて、レストランで食べるやつよりも美味しい。
しかし、今はそれ所ではなく、魔王のをどう説明するか考える事で頭がいっぱいになっていた。

「さぁ、冷めないうちにどうぞ!」
岬ねぇちゃんは満面の笑顔で早く食べるように促した。

「うっ……うん」
僕と魔王は目を合わせ、促されるままハンバーグを食べ始めた。
魔王は自分の姿が見える人間がいる事に納得がいかないようで、首をかしげながら岬ねぇちゃんを見ている。

僕は美味しいはずのハンバーグを食べているのに味わう余裕が無く、岬ねぇちゃんの顔もみれない。

「おぉおッ!!」
魔王が大きな声を上げた。
僕は何か起きたのかと思い、驚いて魔王を見た。

「美味いッ、これは美味いぞッ」
魔王は岬ねぇちゃんのハンバーグを食べて感動し、美味い美味いと言いながらモリモリ食べている。
僕の心配をよそに気楽なもんだと少し腹が立った。

「あら嬉しい、作った甲斐があるわぁ」
と岬ねぇちゃんも上機嫌になったので良かった。

「育美とはどこでお友達になったのかしら?」
岬ねぇちゃんが魔王に質問した。
僕はその瞬間凍りつき、魔王に余計な事を言うなと目で合図を送ろうとした。
しかし、魔王はハンバーグに夢中で、僕の合図を見ちゃいない。

「つい先ほどご主人さまがワシを魔界から呼び出したんじゃ!」

「ちょッ!!」
僕は魔王のストレートな返答に驚き、声を上げてしまった。

「へ~、魔界から人を呼び出すなんて育美に出来るんだぁ、凄いね!」
岬ねぇちゃんは楽しそうに僕のほうを見ながら話している。
まったく疑問に思っていないのか、始めからまったく信じていないのか……どっちなのか分からない。

「魔王さん、まだハンバーグあるわよ?」
岬ねぇちゃんは魔王の皿にハンバーグをもう一つ乗せた。

「ご主人さまは凄い能力をお持ちですよ」
「これからワシと力を合わせてこの世界を少し浄化していただく」
使いされたハンバーグをモリモリ食べながら魔王は言った。

「え~~ッ、凄いじゃない育美」
岬ねぇちゃんが嬉しそうに僕の方を向いた。

こんな話を聴いてすぐに受け入れてしまうって……ネジが外れてる所があると思っていたけど。
もしかすると岬ねぇちゃんは凄い大物なのかもしれない……。

PR

岬ねぇちゃんが階段を上がってくる音が聞こえた。
「育美ぃー、帰ってるんでしょ」

僕は慌てて机に座り、ノートを開いて勉強をしているフリをした。

ガチャッ!
「ただいまー、今晩はハンバーグ作るね」
僕の部屋の扉が勢い良く開いて、岬ねぇちゃんが入ってきた。
何度言ってもノックをしてくれないので僕はもう諦めている。

「あっ、ああ」
「おねぇちゃん、お帰り」
僕は自然に振舞おうとしたが、演技しようとすればするほどぎこちなくなってしまう。

幸い、岬ねぇちゃんには魔王は見えないらしく、なんの反応も無い。
僕は魔王の方を見て、魔王がいることを確認した。
魔王は僕が慌てているのを見ながらニヤニヤと笑っていた。

ねぇちゃんには魔王が見えていないと分かり、安心した。
「晩飯できるまで勉強するから、出来たら呼んで」
僕はそう言って机に向かった。
もちろん勉強すると言うのはウソだけど。

岬ねぇちゃんは頷いて部屋を出て行こうとしたが、扉を閉めかけた扉をもう一度開けて言った。
「お友達も晩御飯食べていく?」

僕と魔王はひっくり返った。

 

「スロットって何?」
僕は魔王に聞き返した。

「スロットとは、人間が我ら心に持つ器のような物でな、人それぞれ大きさが異なる」
「あの谷口と言う男にはワシを受け入れるだけのスロットが無かったと言う事だな」
「あの者には先ほど育美が呼び出したバムヤンでさえ受け止められぬだろう」

「……良く分からないけど、受け止められないとどうなるの?」

「精神、体、共に壊れてしまうだろう」
魔王は空になったコップをクルクル回しながら平然とした顔で言った。

「ぼ……僕は大丈夫なの?」
バムヤンと魔王を同時に呼び出した僕は大丈夫なのだろうかと不安になった。
僕も谷口とそう変わらない平凡な子供なのだ。

「育美、あなたは人間には珍しいくらい大きなスロットを持っている」
「ワシの他にあと数体の悪魔を受け入れられるだろう……ただし、やはり許容範囲を超えれば……」
魔王は手を胸の前でパンッと叩き、弾けるような動作をした。

僕は背中に冷たい汗が流れるのを感じた。

その後、魔王から一つだけ呪文のような言葉を教えてもらった。
他にも色々覚えなくてはいけないらしいが、手始めに一つだけと言う事だった。
魔王は沢山の魔法を使えるが、僕の家来となった今、僕が指示しなければ魔法を使う事が出来ないらしい。

魔王から教えてもらった呪文は恐ろしく威力が強いため、緊急事態の時以外は使うなと言われた。
緊急事態って何だよ……。

「ただいまぁ、育美ぃ」
岬ねぇちゃんが帰って来た。
ねぇちゃんには魔王は見えないだろうが、もし気配を感じたり、見えてしまったら卒倒するだろう。
変なのを家に入れてと怒られるかもしれない。

「魔王ッ、とりあえず隠れて」
僕は慌てて魔王に言った。

「大丈夫、普通の人間にはワシの姿は見えない」
そう言って床に座って動かなかった。

結局、大魔王は僕のオレンジジュースも一気に飲み干してしまった。

「……な、中々美味い飲み物ですね、このオレンジジュースと言うのはご主人さま」
少し気まずそうに大魔王は言った。

「気に入ってくれて何だかうれしいよ、大魔王さま」
「あと僕の事は育美(いくみ)って呼んでください、敬語も出来ればやめて欲しいです」

「分かりました、それならば育美さまも私に敬語を使われませんように」
「それから、私の事は魔王とでもおよびください」

「う、うん分かった」

僕は気になっていた事を聞いた。
「あのさ、なんで僕なの?」
「谷口が魔王を呼び出したのに……」

「あの魔法陣は完成していなかった」
「完成させたのは育美、あなただった」
「それに……」
魔王はかしこまっていた足を崩し、あぐらをかきながら答えた。

「あの谷口と言う男にはワシを受け入れるだけのスロットが無かった」

「スロット?」

大魔王の姿は普通の人間には見えないらしい、しかし背後にいる霊の力が強い人間には気配を感じてしまう場合があるのだそうだ。
さっきの肉屋のおっちゃんがそういうタイプらしく、背後の霊が大魔王に怯えてしまい、さっきのような事になってしまったのだと大魔王は言っていた。

「じゃあ、僕にも背後に霊がついていたの?」
僕はイマイチそう言う話は信じていなかったのだが、悪魔の王様を目の前にしては考えを改めるほか無い。

「ご主人さまの背後霊は私と入れ替わりに先ほど離れていってしまいました。」
「今日からはこの私が背後霊となります」
大魔王は僕の目の前で腕を組み、直立不動で立ったまま話している。

「あ……あの大魔王さん……大魔王さんみたいな偉い人? 悪魔にご主人さまって呼ばれるのはちょっと……」
「あと、疲れるので座ってください」
僕は大魔王が立っているので自分だけ座る訳にはいかないと思い立っていた。

僕はベットに腰掛け、魔王には座布団を出して座ってもらった。
落ち着いたところで急に喉が渇いている事に気がついて、冷蔵庫にオレンジジュースを2つ取りに行った。

大魔王はオレンジジュースを知らなかったらしく、手を付けようとしなかった。

「おいしいですよ、人間には……」
僕はストローで飲んで見せた。

大魔王は僕の方をチラチラと見ながらジュースを手に持ちストローを口に当てて少しだけすすった。
ピクッと動いたのが見えた。口に合わなかったのかも知れない、悪魔と人間ではやはり味覚が違うのだろうか。

大魔王はストローを口に咥えたまま固まっていた。

「あ、不味かったら無理しなくて良いですよ……人間とは味覚が違うのかも知れませんね」
僕は気を使って不味いと言えないのかも知れないと思い、オレンジジュースを下げようとコップに手を伸ばした。

ズッズッ……、ツコーーーッ

僕が手を伸ばそうとした瞬間、大魔王はオレンジジュースを一気に飲み干した。
そして、飲み終わったコップを床に置き、まだオレンジジュースが入っている僕のコップを凝視している……。

き……気に入ったのかな?

 1  2  3  ≫
HOME
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新CM
[03/09 にこえがお]
[12/15 うむ]
[11/24 落合 勝]
[10/27 宅配便]
[10/23 小檜山 透]
プロフィール
HN:
ひこちん
HP:
性別:
男性
趣味:
お絵かきとかDJ
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド
忍者ブログ [PR]